Running Sushi

ぽんこつ理系大学院生

ドイツ滞在もあと10日。

早いもので、そろそろ半年間のドイツ滞在が終わろうとしています。

10月〜2月はミュンヘンに、2月〜3月はカールスルーエ←イマココ

にいるわけですが、本当にあっという間でびっくりしてます。

 

というわけで何をしたかちょっと振り返ってみよう〜!

大したことしてないからあれだけど・・・自己満足というやつで・・・

 

ミュンヘンにいた時(4ヶ月半)

・講義中心にザ・留学って感じの生活

・ひたすら友達を作った

・研究は一切なし!(笑)

・専門から少し外れたゼミを興味でとるも合格ギリギリの成績となる

・ドイツ語ちょっとわかるようになった

・英語も結構伸びた!(めちゃくちゃできるわけではないが上手になった実感はある。自慢できるレベルではないが笑)

・ひたすら自分と見つめ合う日々が続いた。将来への葛藤。。。

 

カールスルーエ(1ヶ月半)

・大学の研究所にインターン生(という名目 w)で6週間お世話になる

・シンクロトロンとかやってる

・なんと日本人の先生が1人いて、メンターをしてくださることに。そのお方が本っっっっっっっっ当に神様だった(説明めちゃくちゃわかりやすい上に頭も切れてその上仏のように寛容)

・毎日研究室に(時間はフレックス)行きプログラミングの練習(初心者だったため基礎から・・・)や加速器の勉強、実験設備の見学、研究会など

・だれる日もあったが、何しろこちらの研究テーマが私の専門分野とは少しずれていたため、毎日少しでも新しい知識を入れるようにした(当たり前か・・・)

・実験はできなかったが、シミュレーションや解析の技術が少しは習得できた気がする(まぁ、にわかだけどね・・・)

 

こんなところでしょうか。。。

カールスルーエでの研究は本当に楽しかった。。

(まだ6日ほど研究室に行く日があるので、まだ終わってないけど)

ここにインターンでこれたおかげで将来理系職で加速器やろうと思えました。

苦手だったプログラミングも克服できたし本当にすごくいい先生に巡り会えた。

感謝してもし切れないなぁ・・・

 

もし同じようにKIT(カールスルーエ工科大学)でインターンしたい学生さんがいたら紹介しますよ〜!笑

 

今後について

修士1年後期なので就活な訳ですが・・・

1社だけ、いきたいと思うところがあるので、そこに応募してるところです。

博士に進むのはもっと自分に熱意が芽生えてからでいいと思いました。

今行っても明確な目標がないので^q^

 

 

残り少ない留学生活ですが、楽しみます^^

またこちらでの生活情報、留学について、ドイツ人観察結果(?)などかけたらいいな!と思います!