Running Sushi

ぽんこつ理系大学院生

intern 初日

初KIT でした。Campus Süd, Nord どちらも行って来ました。

受け入れてくださった先生は本当に気さくで親切な方で、これから6週間が本当に楽しみになりました。(ノ)´∀`(ヾ)わーい

 

あぁ〜〜良かった。とりあえず。

 

今日はとりあえず各種手続きして人に会って喋って、という感じでした。

 

いつも感想ばかりなので、今日は大学について書いてみます。

KITはいいぞ。

・放射光施設にカードなしで入れる(日本では色々手続き必要だがこちらではPCで1回講習&テストを受けるだけ)

・北キャンパス⇆南キャンパス間に無料シャトルバス

・どちらのキャンパスもマジで広い、元いたミュンヘン工科大学よりもっと広い

・のに、人が多過ぎない!快適!

・大学周りにカフェが多い(これはTUMも)

・大学グッズが安い

・図書館(Süd)がオシャレだし広い、TUMよりオシャレで広い。(TUMは狭いし混むしだったけど…w)

今日1日の知見ではこんなところです。

 

KITのダメなところは、メンザや大学の売店で現金が使えないところです。学生証か、ゲストカード(10€かかる!)にお金をチャージします。それがないと何も買えません(涙)

今日はカードがまだなかったので先生にご馳走していただきました。ありがたいです…

 

あとは留学生はミュンヘンに比べてかなり少ないですね。貼り紙もドイツ語のみで、英語は全然見かけませんでした。

 

住む&研究する環境としてはカールスルーエのほうが落ち着く気がしますが、留学生活を楽しむなら絶対ミュンヘンがいいと思います(あくまで私の見解ですが)。友達も多く出来ると思うし色々な場所に旅行しやすいし。

 

TUMでは5ヶ月(研究はせずに)講義を受けたりゼミに出たり毎日色々な人とあったり、とにかく自分から動いて何とかする、という日々を送ったので、

私のhome university と連携が強くサポートも厚くスーパーバイザーもいるKITはすごく落ち着くと感じます。

 

最初にKITに来てたらおそらく、自分で動かなきゃ何も変わらないんだぞ、という意識はあまり生まれなかったんじゃないかなぁ。

 

そういう意味では、研究は出来ませんでしたが、TUMにいた意味は大きいと思います。

何事も繋がっていくんですね〜。

 

KITでは1つ、まだ先ですが実験が出来るので、そこに向けて準備をしっかりしていきたいと思います。

 

まず今週は、

毎日ちゃんと朝起きて、研究室に行って、基礎知識の復習することを頑張ります😊👍